Skincare Book

季節に合ったスキンケアで肌の潤いを守ろう

きれいな肌を保つには、毎日のスキンケアが大切です。
スキンケアを面倒に思う人もいるでしょうが、毎日丁寧にお肌のお手入れをすることで、美肌をキープすることができます。
寒い季節になると、肌は乾燥しがちです。
他の季節は特に肌の乾燥を感じない人でも肌がかさついて、皮がむけたり粉をふいたようになってしまうことがあるでしょう。
そこまで乾燥が悪化すると、すぐには元に戻りません。
また、乾燥して肌がかゆくなったり赤くなったりすることもあります。
そのようになると、素肌に自信を持てなくなりますが、メイクをしても肌が乾燥していると、ファンデーションをきれいに塗ることができません。
メイクしたてはまだましでも、時間が経つと肌の乾燥が進んできて、見た目にも肌の乾燥がわかるようになるでしょう。
乾燥して皮がむけた肌にファンデーションを塗ってもきれいにつかないだけでなく、清潔感もそこなわれてしまいます。
肌がひどく乾燥してしまったら、保湿力が高い美容クリームなどを使ってじゅうぶんに潤いを与えましょう。
また、いつものスキンケアに美容オイルを足すのもよいでしょう。
しかし、そこまで乾燥してしまわないように、日頃からスキンケアを怠らないようにしたいですね。
美容クリームによって保湿力の高さが違いますので、夏が過ぎたらさっぱりした乳液から保湿力が高い美容クリームに変えて、しっかりと肌の潤いを守るようにしましょう。

乾燥肌対策のスキンケア方法は

年齢を重ねると、お肌が乾燥しやすくなるので、化粧水や乳液、美容液などで十分に潤いを与える必要があります。
しかし間違ったスキンケアを行うと、余計に乾燥肌が悪化する恐れがあるので、注意しなければなりません。
たとえば、若い人の中にはオイルクレンジングで化粧落としをする人が多いですが、化粧がよく落ちるだけでなく、お肌に必要な皮脂や潤いまで落とし過ぎることがあるので、ある程度の年齢になったら避けるようにしてください。
10代や20代の場合は、お肌にたっぷりの潤いやバリア機能があるのでかまいませんが、30代以降になると、肌への刺激が強すぎるので、乾燥を防ぎたいなら、肌に優しいミルクタイプでクレンジングすることをおすすめします。
洗顔後にタオルで水分をとったら、すぐに化粧水などで肌に水分を補充しないと、肌の乾燥が進むので、肌にたたきつけるように付けるのではなく、成分が浸透しやすいよう、優しく肌に押し付けるように使うことが大切です。
ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分をたっぷり含んだ化粧水でスキンケアをしないと、すぐに乾いてしまうので、化粧水の後は乳液をつけて、水分を閉じ込めるようにしましょう。
最近人気のオールインワン化粧品を使えば、化粧水、乳液、美容液などの成分が含まれているので、それを使うのも良いでしょう。

おすすめWEBサイト 8選

患者様のニーズに合ったオーダーメイドの治療をご提供します。

武蔵小杉 歯医者

ホームページの作成を大阪で依頼

ホームページ作成 大阪

日本全国の海に対応した海洋散骨サービス

海洋散骨

マウスピース矯正のインビザラインをはじめ最新の矯正治療と笑顔をお届けします。

池袋 矯正歯科

実務経験10年以上の税理士が直接対応。

神戸 税理士

激安の料金で熟練のセラピストのみ採用、個室完備プライベート感たっぷりの癒し空間

渋谷 マッサージ

三重でのインプラントのことなら、お気軽にお問い合わせください。

インプラント 三重

オーストラリア留学、カナダ留学、フィリピン留学との2カ国留学、語学留学をサポート

海外留学

2016/8/1 更新